うつ病の治療は、薬での治療、心理療法、休養を基本に行われます。これらの中でも心理療法(最近では、神経言語プログラミングやヒプノセラピーなどもよく知られています)の占める割合は重要で、精神療法とも呼ばれます。心理療法(催眠療法や森田療法、自律訓練法、認知行動療法、音楽療法など、たくさんの療法が存在しています)は、カウンセラー(基本的には、直接的な解決法を提案するのではなく、相談者本人が解決法を見つけ出す手伝いをするのが仕事です)、セラピスト、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)者等と呼ばれる人が、患者の心に「言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)」を使って直接働きかけ、患者の苦痛を取り除いていきます。うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)の心理療法には、病気(先天的なものも少なくないでしょう)の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)やカウンセラーによって様々な手段がありますが、主として行われている方法が、「認知療法」「行動療法」「精神分析療法」です。認知療法は、もっとも多く行われていて、アメリカの精神科医(治療の際には、時に人権を侵害するような行動制限を行わないといけないケースもあるため、精神保健福祉法第18条に基づく精神保健指定医という資格が設けられています)ベックによって1970年代に体系化されました。鬱病(以前は怠け病なんていわれていましたが、近年では一般的にも知られるようになってきました)の人は、悲観的思考に陥ってしまい易い人が多く、この偏ったものの見方や考え方を修正し、症状の改善を図るといった治療法です。行動療法も、うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)ではよく行われている治療方法でしょう。これは、それまでの人生の中で身についた行動パターン(男女差はもちろん、年齢差や性格差なども影響するでしょう)を見出し、その行動パターン(男女差はもちろん、年齢差や性格差なども影響するでしょう)に対し、より生きやすくなる行動をあらたに習得していく方法なのです。精神分析療法は、フロイトの精神力動論をベースにして行われている療法をいいます。深層心理的な欲求や感情(抑制しすぎると、ストレスが溜まり、いつか爆発する可能性が高くなります)が表層心理にもたらしている不安、恐怖、抑うつ気分などを探って、その原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)をみつけようとするものです。いままでの意識に変化を起こし、葛藤の軽減を図り、本来の自己を発揮できるようにします。ただし、精神分析療法は、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)患者の深層心理に触れるため、副作用のリスクってあると思います。そのため、カウンセラーには充分な専門的知識と技術が求められますー