税理士は中小企業の味方なり

「税理士イコール確定申告」のイメージが大きいかもしれませんが、実は確定申告や節税だけが税理士の仕事ではありません。
中小企業の多くは資金繰りや銀行などの対策を自分でしてもなかなかうまくいかないことが多いようです。
融資が必要なのにも関わらず受けられなかったりすれば、事業を縮小・撤退したり、従業員を削減するなど苦渋の決断を迫られることもあるでしょう。
そんな最悪の事態を避けるためには「腕のいい税理士」を味方につけることです。
腕のいい税理士は確定申告や税務相談だけではなく、経営コンサルティングが行えます。
会社のお金の流れをすべて把握して、それを経営により良い形で生かせる提案・アドバイスをしてもらえるのであれば税理士に勝る味方はいないでしょう。
最近は税理士も競争が激しくなってきているそうで、ただ単に確定申告・税務業務だけでは生きていけなくなっているそうです。
そのため専門性やコンサルティングなど付加サービスも行うことで、経営者の強い味方になっているのかもしれません。
もし税理士を探しているなら、そういった専門性や経営コンサル力などを武器とする税理士をじっくり探してみることをおすすめします。

Comments are closed.