確定申告は会社任せにはできない事もあります

個人事業主は自分でおこないますが、会社勤めの人は会社で確定申告をおこないます。
でも、自分でおこなう場合もあります。
必ず会社がおこなうとは限りません。
医療費は自分で申告しないとダメです。
社員の医療費を会社が分かるはずはないです。
社員の医療費は病院に掛かった本人しか分かりません。
誰が確定申告をするにしても重要な事には変わりありません。
確定申告をしないというのはあり得ないです。
自分でしないからと言って安穏と構えているのは良くないです。
自分でおこなわなくても緊張するのが確定申告の時期です。
病院に掛かった人は医療費がどのぐらい戻ってくるのか気になります。
病院に掛かっていなくても帰ってくるお金があるのかは気になる所です。
大抵は帰ってくるお金はありますが、お金が戻ってこないという場合もあります。
何から何まで気になるのが確定申告です。
気になるだけではなく緊張もしますね。
役所に行く場合は特に緊張します。
確定申告をするのが楽しいという人はいません。
自分の収入などを教えるのが楽しいという事はないです。
でも、楽しくなくてもしないといけないのが確定申告です。
会社員の場合は会社がおこなう事が多いですが、掛かった医療費など会社任せではなく自分でおこなわないといけない事も少なからずあります。

Comments are closed.